anna magazine

notice

2016.7.SEP

Route 66

Route 66

こんにちは。編集部の宮﨑です。

 

アメリカ大陸を東西に横断し、シカゴからサンタモニカを結ぶ全長3755kmの国道66号線。アメリカで最も有名な道といっても過言ではないこの道路は、「ルート66」と呼ばれています。

 

この国道ができたのは1926年のこと。

第二次世界大戦中は軍用品の運搬路として使用され、その後は生活に欠かせない重要な国道として、アメリカの経済発展に大きく貢献してきました。

 

また、ネオン看板が光るモーテルや、ファストフード店、グランドキャニオンなどの自然遺産……

それらの風景は昔から数多くの映画や小説などに登場し、アメリカの人々から愛されてきたのです。

 

しかし、50年代後半からの高速道路の普及により、利用者は激減。

栄えていた近隣の町も衰退していき、1985年にはついに廃線となってしまいました。

 

そんな時、「ルート66をこのままなくしてはいけない!」と立ち上がった2人のヒーローがいたことをご存知でしょうか?

ルート66上にある小さな町、セリグマン(ディズニー映画『カーズ』にも登場していましたよね!)に住む床屋さんのエンジェルさんと、アイスクリーム屋さんのホアンさん兄弟です。

彼らは“Histric Route 66 Association Arizona”という非営利団体を立ち上げ、アリゾナにルート66の保存を認めるよう働きかけました。

そんな彼らの活動に影響され、ルート66が通る他の7州でも“Histric Highway Association”を設立。

一丸となってこの国道の保存に尽力を注ぎました。

 

その結果、ルート66は現在も地図上から消えることなく、セリグマンは世界中から旅行客が訪れる町となりました。

(ホアンさんのアイスクリーム屋さんも大人気の観光スポットに!)

 

人々から愛され続けるルート66は古き良きアメリカの風景を今に伝える、大切な道路。それもこれもエンジェルさんとホアンさんが始めた復興運動のおかげですね。

 

私の中でルート66はいつか行ってみたい場所のひとつ。

砂漠地帯を延々と走って、ダイナーに寄って、モーテルに泊まって……、そんなド定番のロードトリップに憧れます。

(ホアンさんのアイスクリーム屋さんも必ず立ち寄りたい!)

 

先日、『anna magazine vol.09』のロードトリップ特集のためにアメリカへ行っていた取材班が帰ってきました。

果たしてルート66は次号に登場するのでしょうか?!

9月30日(金)の発売をお楽しみに!

  • facebook
  • twitter
  • LINE